読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラマンの知恵

独学でカメラマンになりたい人や今現在カメラマンの方に役立つ話を書いていきます

カメラマンの仕事は良い写真を撮ることじゃない


カメラマンは良い写真を撮る仕事。誰からも異議はないようにも思いますが、カメラマンは良い写真を撮るのが仕事ではないと僕は考えています。じゃぁ一体何?と思われるかもしれませんが、僕にとってのカメラマンとは

 

「写真を通じて顧客の欲求を満たす仕事」

 

良い写真を撮ることと、写真を通じて顧客の欲求を満たすこと。同じように受け取る方もいらっしゃるかもしれません。ただの言葉の綾と言われるかもしれませんが、これは全く別物であると考えています。

 

自分目線と顧客目線

根本的な違いは、思考の基準となるのが自分になるのか?それとも顧客になるのか?ということです。カメラマンは良い写真を撮る仕事と考えていると、どうしても良い写真を撮ろうと考えがちです。しかし、その良い写真の定義は多くのケースで主観が入ります。カメラマンとして今まで積み上げてきたものをベースにした価値観で良い写真を撮ろうとしてしまうんです。

 

もちろん、カメラマンとして積み重ねてきたものは大きいです。その積み重ねがあるからこそプロとしてやっていけるスキルを身につけてられるのですが、商売の原則は「顧客が求めるものを提供しその対価として報酬をもらうこと」です。

 

顧客目線で提供できるもの

商売での売上・利益というものは、顧客が支払ったお金によって得られるものです。ではなぜ、顧客はお金を支払ったのか?それは、自分が求めた価値への対価だからです。顧客は、商品によって悩みを解消したい。又は、その商品によって喜びや楽しみを得たい、そう思うから商品を買っていきます。

 

写真の場合、HPやチラシ、ポスター等の商業写真であったり、記念写真としての家族写真であったり。いろいろありますが、どの写真であっても顧客が求めているものがあります。

 

ここで【カメラマンは良い写真を撮るのが仕事】と思っていると、どうしても自分目線で良い写真を撮ろうと思いがちです。

 

しかし、【写真を通じて顧客の欲求を満たす仕事】という視点を持っていれば、顧客が求めているものは意外と違うケースがあることに気がつきます。その違いに対してしっかりと理解し、目の前の顧客が1番求めているものを提供できたなら、その顧客の満足度はより高くなります。

 

例えば、写真の場合同じような料理の撮影によっても、その写真を見るターゲット層次第で高級感を出すのか親しみやすさを出すのかが変わります。

 

プロフィール写真であっても、「その人の魅力を引き出す」という謳い文句が流行っていますが、1番大事なのはその人がプロフィール写真を誰に見せてどんな印象をもってもらいたいかということです。

 

プロフィール写真の目的が自己満足なら魅力を引き出す写真で構わないと思いますが、依頼主がその写真を仕事で活かそうと思っているなら、まずはその目的を明確にし、共有してどんな写真なら目的に合うのか?ということを考えなければいけません。

 

このように、顧客目線で考えることでより顧客に最適な写真を提案することができるようになります。

 

※もちろん、カメラマンが考える良い写真が顧客の求めるものと一致しているなら、主観ベースで撮ることに問題はありません。

 

顧客が求めているのは商品だけじゃない

顧客の中には、撮影の時間を快適に楽しく過ごしたいという欲求もあります。つまり、カメラマンに求められるのは写真の良さ以前に愛想の良さだったりするんです。そんなことを知らずに、威張って場の空気を悪くして自分の好みの写真しか撮らないという最悪のケースになるカメラマンも中にはいます。

 

カメラマンは、写真を通じて顧客の欲求を満たすのが仕事です。顧客に満足してもらう写真を撮るだけが仕事ではなく、撮る前、撮った後の過程も引っくるめて満足してもらわなければいけません。カメラマンである前に、1人の商売人であることを忘れてはいけません。

 

人は商品だけでなく、その商品を提供される前後のサービスもよく見ています。そしてそれも引っくるめて商品だと思ってます。少し良い料理屋に行ったりすると、料理の美味しさだけでなく、スタッフの気遣いや対応の良さにも感心することがあります。そんな時はさすが良いお店なだけあるなと思いますが、それと同じです。

 

顧客は何を見ているのか?

顧客は、思っている以上に細かいところまでチェックしています。それも無意識に。それだけでなく、無意識に評価もしています。なので、細かな要素でマイナスが続くと「あのお店はなんとなく良い感じがしない」といったなんとなくという感覚で判断していきます。

 

具体的なクレームにならないことが多いので、ただ顧客が去っていくだけ。売り手は気付かずに同じことを繰り返します。

 

カメラマンに限りませんが、顧客から依頼があった時の電話やメールの対応。提案や気遣いの有無。実際に仕事を行う時の流れ。仕事を行う時の服装や道具の散らかし具合、扱い方。終わった時の挨拶やフォロー等、細かなところまで見ています。

 

カメラマンの商品は自分自身でもあり、撮影の依頼があった時からサービスは始まっているんです。

 

撮影者の価値観や常識は時に捨てる必要がある

いくら撮影者が良い写真だ!と自画自賛しても、それが依頼主の求められているものと違えば顧客はガッカリします。しかも、顧客はそのガッカリをあまり口にしないケースが多いです。
 
もちろん、撮影者の価値観や常識が不必要であると言っているわけではありません。それが、顧客の求めるものを察知する妨げになってはいけないということです。
 
商売の原則は、顧客が求めるものを提供しその対価として報酬をもらうことです。自分自身が良いと思う写真が求められているなら問題ありませんが、時にはそうでない場合もあります。
 
今目の前にいる顧客が求めているものは何なのか?よくよく考えていきたいですね。
 
 
f:id:photographerti:20151226073553j:image